胎動の種類って?いつ頃感じるの?

お母さんがまだ、胎動を感じることがない妊娠8週目頃から、赤ちゃんの脳や神経系統が成長し、
体や手足も動かせるようになり、しゃっくりもしています。
個人差はありますが、早い方ですと妊娠16週頃から胎動を感じる事ができますが、

 

一般的には、20週前後で気づく事が多いようです。
遅くても、22〜23週頃と言われています。
胎動に気づく早さは、お母さんの体型や体質にも関係しています。
なので、赤ちゃんの成長などに影響するものではないので心配は要りません。
では、胎動はどのように感じるのでしょうか?

 

初産の場合ですと、どんな感じなのか、良く分かりませんよね。
胎動の種類も赤ちゃんの成長と共に変わっていきます。
初めて感じる動きは、ポコポコとお腹の中で泡が弾けている感じや、小魚が泳いでいる感じの可愛らしいものです。
お母さんがリラックスしていたり、就寝前など体を動かしていない時が、感じやすいようです。

 

ピクッピクッと小刻みな動きは、実は赤ちゃんのしゃっくりです。産まれてからの呼吸の練習をしているのです。
ブルブルと震えた感じは、赤ちゃんがおなかの中で、おしっこをしています。
グニュっと動く感じは、赤ちゃんが手足を伸ばしている時です。
ゴロンとした感じは、羊水の中で前転、後転をして動いています。

 

 

更に、ポコッとした感じがする時があります。
それは、赤ちゃんが子宮の壁に向かって蹴りやパンチをしているのです。
妊娠週数が進むにつれ、この動きに激しさが増してくると、お腹が変形して動いているのが、見てて分かる様になります。
胎動は、妊娠中しか経験できないものなので、思う存分、その瞬間を楽しんで下さい。

 

更新履歴