妊娠7ヶ月頃の胎動が激しい?

はじめておなかの中の赤ちゃんの胎動を感じた時の喜びって、何物にも代えがたいですよね。それまでつわりやおなかのふくらみ、検診の時のエコー写真などで実感しつつも、胎動は赤ちゃんがここにいるよ!ママがんばってね!と言ってくれているような気がします。
そんな胎動も妊娠7ヶ月頃になると最も激しくなる時期になります。この頃の赤ちゃんは脳も発達してくるので、自分で体の向きを変えることができるようになります。

 

おなかの中でクルクル回って遊んでいるみたいですよね。赤ちゃんの向きが変わるので、検診で今までは向きが悪く、性別が分からなかったという方もこの時期に分かることが多いです。そして、びっくりしてしまう方もいるかもしれませんが、赤ちゃんのキック力が痛みを伴う位強かったり、寝ていても起きてしまう位の激しい動きをする時もあります。

 

そんな痛みも愛おしさが勝ってしまうので不思議ですよね。赤ちゃんがたくさん動いているのは元気な証拠!と思いますが、注意が必要なこともあります。この妊娠7ヶ月頃の激しい胎動で赤ちゃんが逆子になってしまうということもよくあるのです。

 

もちろん、この時期はそんなに心配する必要はなく、おなかの中で激しく動いているので、一度逆子になってもまたくるんと元に戻ったりもしています。ただ、この妊娠7ヶ月頃を過ぎると赤ちゃんの成長とともに子宮の中が窮屈になってきて、赤ちゃんの動きも少なくなってきて逆子のままになってしまうこともあるので注意が必要になります。

 

また、いろいろ大変な時期ですが、この時期にもしっかり妊娠線ケアしていきたいですね!妊娠線予防クリーム おすすめは、「ベルタマザークリーム」ですね。一番人気の美容成分も配合されていますので、安心して使うことができます。