胎動とダウン症の関係性は?

娠には胎動が必ず付いてきます。

 

しかしダウン症の子を妊娠しているときはその胎動が感じられにくいとの情報もあります。その理由としてダウン症の人はそうでない人に比べて筋力・筋発揮や活動量が少ない傾向があります。それは出生してからのみではなく、胎児のころからも当てはまるとされています。

 

また胎動は胎児が自身の手足を動かしている証拠です。しかしその自身の手足を動かすこと自体が難しいことが多いため、母体には感じられにくいとされています。

 

しかしその程度に関しては非常に個人差が大きいです。なかには妊娠後半になってもほとんど感じることがないケースもあります。しかしそれでも染色体に問題は全くないということも十分にあります。そのため傾向としてはありますが、それが確実なものであるという証拠はありません。

 

反対に胎動が激しいからダウン症の可能性はないというわけではありません。そのことからもあくまで胎動とダウン症の関係性に関しては確実な証拠があるわけではなく、一つの傾向・迷信と言えます。

 

しかし妊娠中は些細なことが気になったりストレスになることも多いです。また最近では出産前検診にて胎児に病気がないかなどを調べることが可能になっています。

 

その健診では母体・胎児ともに負担にはほとんどなりません。胎動が小さい・少ない・弱いからといって疑うのではなく、しっかりと検診を受けて明確にすることも精神的負担を軽減するためにも有効と言えます。